[Message Prev][Message Next][Thread Prev][Thread Next][Message Index][Thread Index]

Re: make-variable-buffer-local



>>>>> meadow-users-jp の No. 4012
>>>>> Message-Id: <20011205.143202.119724006.gotoh@xxxxxxxxxxx> で、
>>>>> "後" == Shun-ichi GOTO <gotoh@xxxxxxxxxxx>さま曰く...

圭一> ;; 何らかの副作用等で,意図せず変更してしまうとか。

[...]

良くわかりました。ありがとうございます。

圭一> 私の環境で,通常の運用をしていると,何かのタイミングで
圭一> `fill-prefix' の default-value が, "" に変更されてしまい,それ
圭一> がどこで起っているのかを調べています。

(setq-default fill-prefix ...) という個所は見つけられませんでし
たので, (let (fill-prefix) ... の状態のまま, save-excursion せ
ずに buffer を移動しているところを探せば良さそうですね。

;; ... って,どーやって探そうかしら。 ^^;;;

私が通常使っているような手順で使ってみて,範囲を絞っていくしかな
さそうなきしますので,しばらく post-command-hook で監視して様子
を見てみようと思います。

後> 深くは考えてないけど...

後> save-excursion による副作用はdocument にもかかれているのでまぁ良いのです
後> が、ちょっと不思議な現象があります。例えば上の例のとおり(setq foo 3) や 
後> (describe-variable 'foo)を両方ともコメント合うとした例だと、先のような現
後> 象再現をしてくれるのですが、コメント合うとされた部分を1つずつコメントを
後> 外してみると結果が変わってきたりします。save-excursion の副作用は関連あ
後> りそう?

;; Emacs が「混乱」してしまうということなので,何が起きても不思
;; 議はなさそうな。

コメントアウトしている, describe-variable では save-excursion 
は使っていそうで,それが何かしているとしても, (setq foo 3) を生
かしたときの動きは不思議ですね。

-- 
鈴木圭一 / keiichi@xxxxxxxxx
PGP finger print (DH/DSS)
0B32 B37E 6DE9 3BC1 68A4  4089 7AAF 2B03 ECBD 614B